ライブドアクレジットへの過払い金請求体験事例

ライブドアクレジットへの過払いに限らず、どの金融業者でもいえることですが、過払い金を請求するには、法的に認められる正しい手続きを行う必要があります。

このページでは、実際に過払い金返還請求を行う際の具体的な方法を紹介します。

ライブドアクレジットから支払いすぎたお金を取り戻す!!

過払い金ってなに?過払い金ってなぜ発生するの?と疑問に思う方も多いとは思います。

ライブドアクレジットをはじめとする金融業者へ過払い金請求する際に必要になるのが、お金を借りた際の取引実績(取引履歴)です。

この取引実績(取引履歴)をもとに、いついつにいくらお金を借りて、いついつにいくら返済したか、ということの詳細をまずは明らかにします。

取引実績(取引履歴)を明らかにすることで、いくら借りて、いくら返済したかが、公正に証明されることになり、この取引実績で明らかになった数字をもとに金融業者に過払い金請求を行います。

実際に過払い金請求をやってみる!!

取引実績(取引履歴)をもとに取引した金額が明らかになりましたら、次に行うことは引き直し計算です。

googleやyahooにて「引き直し計算」「過払い金 計算」「過払い計算 シュミレーション」などと検索してみてください。

過払い金が幾ら発生しているのかを簡単に調べるためのツールがインターネット上にはたくさんあります。

この引き直し計算で出た数字は確実に正しいものではなく、あくまでも目安となりますので、そこはご注意くださいね。

ただこの計算を行うことで、自分に過払いがあるかどうか、それが簡単にわかり非常に便利です。

過払い金があるのかな??と疑問に思われている方は、是非一度この引き直し計算を試してみてください。

引き直し計算後の過払い金請求手続きとは。。

引き直し計算後、ライブドアクレジットへの過払い金が発生しているとわかった場合は、ライブドアクレジットへ過払い金返還請求書を送ることから始まります。

この過払い金返還請求書の作成方法については、法律の専門用語も必要となるため、自力で請求を行うならなおさら、独学での勉強が必須になります。

弁護士や司法書士資格を取得するような専門的な勉強は必要ないのですが、正しい書式と法律用語にてライブドアクレジット側に請求を行う必要があります。

仕事も忙しく時間もなく、自力で請求を行うことが難しい方には、過払い請求で実績のある法律事務所に過払い返還請求の相談を行い、請求業務を依頼したほうが得策といえます。

なお、弁護士や司法書士に過払い請求を依頼した場合の費用ですが、請求できた金額のうち?%ください、といったような実績ベースで費用を支払う法律事務所が多いようです。(法律事務所によって過払い請求の費用は異なります)



PR





ページのトップへ戻る